オフィス

外付けHDDの故障で困っている方|データ復旧業者の連絡先を把握

動画を送る方法

社内風景

メールはビジネスを円滑に行なうために必要なコミュニケーションツールですが、容量の大きなデータを送信することには向きません。無理やり送信しようとすると、エラーになったりする場合もあります。動画などは一括で相手に送信することができずに、分割されて送信されることもあります。制作したプロモーション映像や動画コンテンツが分割されるために、ビジネスでは大容量のデータを送信する場合は、ファイル転送のサービスを利用することが一般的となっています。プロモーション映像や動画コンテンツでも、一括で送信することができるために、制作したサンプル映像をクライアントに確認してもらう際に利用することもできます。非常に便利なサービスです。

ファイル転送のサービスはコストを抑えて、動画を送ることができます。DVDやUSBメモリーの保存して、クライアントに郵送する手段もありますが、保存媒体の購入費用と郵送費用が必要になります。そのため、月に何度も送る場合は、コストが大きくなります。そのため。コストを抑えて動画を送る場合は、ファイル転送サービスを利用したほうがいいでしょう。

さらにセキュリティも強化することができます。DVDやUSBメモリーで送る場合は、紛失してしまう可能性もありますし、故意に誰かがデータを入れ替える可能性もあります。ですが、ファイル転送サービスは、同じプロトコルを使用しないと転送することはできません。そのため、企業の情報漏えいを防いでくれるサービスでもあります。